トピックス

てけてけカレー

肉汁あふれる規格外の満足感

倉吉市民の憩いの場「倉吉パークスクエア」内にある「カレーショップ てけてけ」。地元産の肉や野菜を積極的に取り入れている地産地消のお店です。ビーフカレー、コロッケカレー、カツカレーなど数あるメニューの中でも「ハンバーグカレ […]

NOW30号表紙

水木しげるさんとの出会い
*初代編集長の“ナウい”足跡Vol.3*

時は1993年、境港(さかいみなと)市が地域活性化の起爆剤にと、同市出身の漫画家・水木しげるさんを起用、駅前通りを「水木しげるロード」と名付け、妖怪をモチーフにさまざまな仕掛けを施した。 これは、当時、全国的にも珍しい取 […]

きのこの世界

この顔にご用心!〝よくあたる〟きのこ

 ツキヨタケ(月夜茸)はブナやミズナラ、まれにコナラなどの広葉樹の枯れ木に多数が重なって群生し、大きいものだと傘の直径が20cmを超える。発生時期は秋〜晩秋だが、沢沿いの涼しい場所だと初夏から姿を見かける。〝最も誤食事故 […]

135号

とっとりNOW135号9月1日発行

巻頭特集 創り、集う桃源郷へ~いなば西郷 工芸の郷~ 古くから作陶の地として知られる鳥取市河原町西郷地区に近年、工芸作家たちが全国から続々と集まってきた。ものづくりの桃源郷を目指し、立ち上げた「いなば西郷 工芸の郷」は、 […]

とっとりNOW42号

大ベストセラー作家との出会い
*初代編集長の“ナウい”足跡Vol.2*

『鳥取now』は、連載以外の執筆者を毎回、特集の内容に合わせて決める。創刊当初から、少しでも売り上げに(※現在は無料)つなげるべく、著名人を選ぶ方針を掲げた。“大物”との関わりは気苦労もあったが、その選択は楽しみのひとつ […]

さらば夢のプレイランド

さらば、愛しの鳥取プレイランド

「プレイランド行くで」 まだランドセルも背負わないような幼い頃、休日になると、まれに親が発したあの言葉の、なんと甘美だったことか。 遊園地『鳥取プレイランド』は、深い山の中にあった。向かう車の後部座席から見上げた木々の青 […]

NOW創刊号表紙

産み出す力……ゼロからの出発!
*県総合情報誌が創刊*

今ではすでに34年の歴史を誇る『とっとりNOW』。そもそも、鳥取県の情報誌として世に出ることになった背景は、人口最少県の鳥取が、あまりにも知られていないことの危機感からだった。しかも発行することで「県のイメージをアップさ […]

推しランチ

個性際立つヘルシーな一皿

鳥取市の住宅街にひっそりとたたずむ「洋食屋 スノーラスカル」は、地産の食材をふんだんに使ったカレーやオムライス、ハンバーグが評判の洋食店です。特にとろとろの卵で包んだオムライスにカレーソースをかけた「鳥取オムカレー」(1 […]

菌活で広がるきのこの世界

竹林で出合える美しき森の妖精

 野生きのこの季節は秋と思われがちだが、食毒を問わなければ一年中何かしらの種類を見ることができる。梅雨の季節が近づき、野山では「ギンリョウソウ」や「マタタビ」の花が咲きはじめ、雨が降り気温が上昇して多湿になってくると竹林 […]

134号

とっとりNOW134号6月1日発行

巻頭特集 心ほぐれる垂涎の味巡り~トットリご当地FOOD図鑑~ 豊かな自然に恵まれた鳥取県は、海の幸、山の幸の宝庫。昔から親しまれている郷土の味や、地元で開発し、全国にまで広がった一品など、地域色豊かな料理が存在する。一 […]

命を織った女たち

 かつて倉吉(くらよし)市を訪れた司馬遼太郎は、本書とその著者・福井貞子さんについてこう語っている。 「人が人の世を深く過ごすには、すぐれた人達の感受性にたよるしかない。(中略)(福井氏は)百年以上の単位で文化をたっぷり […]

推しランチ さんぽう

鶏の旨み引き立つ変わり種

米子(よなご)市内で50余年、鶏専門の料理を提供する老舗「とり料理 さんぽう」。鍋や唐揚げなどの定番メニューと並んで人気なのが、「さんぽう風ドライカレー」(1540円・税込)。スパイスを30種類以上使い、地元の鶏肉をメイ […]