さっけーのTottori推しランチ カレー編

鳥取県のグルメを知り尽くした男〝さっけー〟が、絶対食べて欲しい「推しグルメ」を紹介。ランチ限定という制約の中、どんな一品が飛び出すのか。(最終回)

〝とっておき〟鳥取食材の滋味カレー【黒カレー(豚)】

 住宅街にひっそりとたたずむ米子(よなご)市のカレー専門店「とっときカレー」。自家栽培の野菜や県産肉を使い、グルテンフリー(小麦粉不使用)のこだわりルーが人気です。また、無添加の福神漬け、マッシュポテトなどトッピングの豊富さもうれしいところ。組み合わせ次第で何度も〝味変〟が楽しめます。

 オープン以来の定番メニュー「黒カレー(豚)」(並・1080円・税込)を注文しました。野菜と果物をペースト状になるまで長時間煮詰めたルーに、県産のオリジナルブランド豚「大山(だいせん)ルビー」の角煮が添えられています。肉厚の角煮は、ほろほろと崩れる柔らかさと脂の甘みでカレーを引き立てます。じっくりと煮込まれた素材の旨みが溶け出し、グルテンフリーにも関わらず、トロッとまろやかで濃厚な味わい。辛さは舌先にピリッと感じる程度で、ターメリックライスとの相性も抜群です。

とっときカレー

 7種類から3つ選べる無料トッピングがありますが、今回は、味付け玉子・マッシュポテト・フライドオニオンを選択。特にフライドオニオンはサクサク食感とタマネギの甘みが絶妙にルーとマッチして、思わず「おかわり!」と叫びたくなるほどでした。

 「食材は可能な限り県産にこだわります」と語る店主の徳岡さん。ジビエも積極的に取り入れており、土曜・日曜限定の「猪のキーマカレー」(並・1080円・税込)もオススメとのこと。猪のひき肉を使い「黒カレー」をベースに味付けした旨みたっぷりのカレーです。Twitterで情報を配信しているので、要チェック。鳥取の食材が詰まった〝とっておき〟の味をぜひご賞味ください。

【Profile】
さっけー(酒本勇太):文・写真

鳥取県の地域情報サイト「とっとりずむ」代表。「鳥取をもっと楽しく♪」をモットーに、実際に現地に足を運んで取材したグルメ・観光・生活情報が人気。2020年10月に、月間60万PVとSNSの合計フォロワー3万人を達成。

■とっとりずむ https://tottorizumu.com/

※テキストの流用や写真・画像の無断転用を禁止します。

店名:とっときカレー
住所:鳥取県米子市上福原747-6
営業時間:11時30分~14時30分(LO.14時15分)/17時30分〜20時30分(LO.20時15分)
定休日:火曜・金曜