さっけーのTottori推しランチ カレー編

鳥取県のグルメを知り尽くした男〝さっけー〟が、絶対食べて欲しい「推しグルメ」を紹介。ランチ限定という制約の中、どんな一品が飛び出すのか。まずは「カレー編」でスタート!

肉汁あふれる規格外の満足感【ハンバーグカレー】

倉吉市民の憩いの場「倉吉パークスクエア」内にある「カレーショップ てけてけ」。地元産の肉や野菜を積極的に取り入れている地産地消のお店です。ビーフカレー、コロッケカレー、カツカレーなど数あるメニューの中でも「ハンバーグカレー」(1000円・税込)がダントツ一番人気。手作りのふっくらハンバーグが2つドーンと乗った豪快さに、リピーターも多いそう。

東伯(とうはく)牛や三朝(みささ)町の米、関金(せきがね)町のウコン、倉吉市のタマネギなど、地元の新鮮な食材を使ったカレーは、4日間、煮込んだり寝かせたりを繰り返し丁寧に作るこだわりぶり。さらとろのルーには、24種類ものスパイスが入っており、深いコクの中のピリッとしたアクセントが食欲をそそります。

ハンバーグは、東伯牛と東伯産の豚と地鶏を使った肉厚な手ごねタイプ。タマネギをしっかり炒め、一晩寝かせてから肉と混ぜて成形するので、ふんわりジューシーな味わいに。3種類の肉のうま味がギュッと凝縮された本格派です。彩りを添えるゆで卵も近くの養鶏場産で、カレーの辛みをマイルドにしてくれます。

「カレー粉から作るのが一番の特徴です」と語る店主の黒川泰三(くろかわたいぞう)さん。店特製の配合のスパイスから作ったカレー粉をオーブンで焼き、12時間かけて練り込み、じっくり煮込むことで、まろやかな味と風味になります。手間と愛情がたっぷりかかった逸品は、数に限りがあるので予約がベター。お腹を減らしておくことも忘れずに。

【Profile】
さっけー(酒本勇太):文・写真

鳥取県の地域情報サイト「とっとりずむ」代表。「鳥取をもっと楽しく♪」をモットーに、実際に現地に足を運んで取材したグルメ・観光・生活情報が人気。2020年10月に、月間60万PVとSNSの合計フォロワー3万人を達成。

■とっとりずむ https://tottorizumu.com/

※テキストの流用や写真・画像の無断転用を禁止します。

店名:カレーショップ てけてけ
電話:0858-22-6500
住所:鳥取県倉吉市駄経寺町198-2
営業時間:11時~15時
定休日:月曜日・木曜日(その他不定休)